アホロートルの名前の由来

  1. date :2010.05.26
  2. writer :syogun
  3. pv :05223
  1. HOME
  2. ウーパールーパーとは
  3. アホロートルの名前の由来

溢れんばかりの煌くセンスと果てなき知識の塊、
誰しもが慕ってならない荒俣先生の有名な著書に
世界大博物図鑑があります。

こちらの3巻目、両生・爬虫類にて
ウーパールーパーの記述が載っています。

荒俣先生の本によると「アホロートル」axoholorlの元々は
アステカ語でアショロトルと発音されていたのだそう。

アステカは多神教に基づいた神権政治が行われており、
ショロトルとは死と再生を司るアステカの神の名前でもある、
同時に相反する2つをそなえることから「多重性」も意味している。

このショロトルという神はアステカの神話で、
太陽を復活させるために神々が自ら犠牲になった際に
死ぬのを恐れて穂や蘭や両生類になって身を隠したが
結局は掴まって殺された神である。

この際に身を隠すために変化をしたときに
穂(ショロトル)→蘭(メショロトル)となり、
両生類の時の名が「アショロトル」だったことから、
アショロトルと呼ばれることになったとされる説が有力。

ショロトル自体は死者の国に君臨する
骨だけの怪物として表現されているものもあり、
奇抜な風貌として関連付けられたという説もあるが
水の中の愛らしい姿にはイメージが離れているとも思えます。

アステカ語は1つの言葉に複数の意味を持つことから
とても複雑な言語で訳する事が難しい言語でもあるため、
ショロトルについての訳し方には他にも諸説があるそうです。

  • 水中の奴隷
  • 水中の従者
  • 水中の妖精
  • 水中の遊び屋
  • 水中の怪物
  • 水中の双生児
  • 水中の犬

話は荒俣先生からそれてしまいますが、
現代のナワトル語は古代ナワトル語とは異なるそうで、
ナワトル語が指すものには下記2種類があります。

  • 今でも数百万人が話している方言
  • アステカ帝国の公用語であった古代語

Wikipediaによると「トマト」や「チョコレート」などの
メキャーな名前も実はナワトル語、
しかも「アボガド」はナワトル語で睾丸という意味…
(食べ物につける名前じゃない…笑)

日本にアホロートルという名前が浸透しなかったのは
「アホなロートル(老人)」という意味に捉えられないよう、
あまりプッシュせずにいたのが原因という説もあります。

自分は老人をロートルというのは聞いたことは無いのですが、
故福田赳夫元首相(「あなたとは違うんです」のお父さん)
(ウーパールーパーを飼っていた事で有名)
のお宅にテレビカメラが入る際に、アホロートルとは呼べないから
正式名称ではないがウーパールーパーと呼んだ。
という逸話もあるだけに「アホな老人回避説」は有力です。

さて、それにそれた「アホロートル」という名前の逸話ですが、
「ウーパールーパー」という名前の陰にいながら、
とても様々なストーリーを持っているものなんですね^^

  • 世界大博物図鑑(別巻1)絶滅・希少鳥類[荒俣宏]
  • ¥18874

    絶滅・希少鳥類荒俣宏平凡社BKSCPN_高額商品セカイダイハクブツズカンアラマタ,ヒロシ発行年月:1993年05月ページ数:658pサイズ:図鑑ISBN:9784582518269古今東西の博物学図譜
    送料
    口コミ件数 2件
    楽天ブックス
  • 日本人なら知っておきたいモノのはじまりえほん[荒俣宏]
  • ¥1620

    荒俣宏日本図書センターニホンジンナラシッテオキタイエクスクラメーションモノノハジマリエホンアラマタヒロシ発行年月:2017年01月26日予約締切日:2017年01月25日ページ数:80pサイズ:単行本
    送料
    口コミ件数 0件
    楽天ブックス

    ウーパールーパーラボはその名の通り、ウーパールーパーに関する「ラボ=研究室」。ウーパールーパーについて研究発表はもちろん、ウーパールーパーについての調査報告など、ウパについてのあんなこと、こんなこと…、多くのウパファンの人と共有したい情報やウパ飼育法などがありましたらお気軽に研究報告をお寄せ下さい!ウーパールーパーについての研究報告(略してウパレポ)を随時受付中!ご提出は(syogun@ulabo.com)まで!

    ※お送りいただいたウパレポは当サイトでご紹介する可能性があるので、権利諸々の理由で掲出できない情報や写真などには十分ご注意ください。